読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

整体師の趣味ブログ

三重県の整体師が趣味のゲームや読書などを中心に書いているブログです。健康情報も書くかも!

NBA2K16攻略 これで安心!初心者でも嫌われずにパークで活躍する方法

とにかくディフェンス頑張れ!

my parkモードやってますか?初心者だと何となく不安で、敬遠している人もいるかもしれません。(私も2kシリーズ初めてで、最初敬遠してました)

対人は発売されたての頃が最も人が多いのが普通で、時間と共にマッチングしにくくなるでしょうから、今のうちにやっておく事をオススメします。

 

それでパークで嫌われないためには、とにかくディフェンスを頑張る事が最重要です。具体的には、自分のマークから離れない事。初心者はそれが出来ていないケースが多くて、チームメイトがある程度上手い人であっても、バスケはザルなディフェンスが1人でもいると負けます。そこを突かれますので。

ですから、とにかくマークを外さない事を意識して、L2を使ってディフェンスします。スティールとか狙わなくていい。このゲームのL2は超重要です。初心者の頃は、ディフェンスはL2だけ使った方がいいくらいです。

 

ただしL2は押しっぱだと移動がノロイ欠点があります。なので相手を追いかけるスピードが必要な場面では、L2を放しましょう。

基本的には相手をインサイドへ侵入させない様に、ボールを持っていない相手であっても気をつけましょう。インサイドへ入らせると、そこにパスを出されてしまいます。「あいつ、またかよ!」とチームメイトからヒンシュクを買いますので、注意。

 

ヘルプはしなくてもいいくらい!

初心者はヘルプに行かない方がいいかもしれません。ヘルプに行ったつもりが、かえって隙を与える事になるので。さらに味方のディフェンス、リバウンドを邪魔する結果になる場合もありますから、やっぱり自分のマークをずっと意識してた方が邪魔になりません。

 

ヘルプは上手い人がしてくれます。上手い人もヘルプに期待してませんから、そこは心配せずとも大丈夫。「さすがにそこはヘルプしてくれ~」と思われる場面があっても、「いや、そこは抜かれた人が悪い」と思えばいいです。あなたは上手いんだからと。

 

オフェンスでも邪魔にならない事が重要

初心者が気をつけるべきオフェンスは、ゴール下に構えて、味方のドライブを邪魔してしまう事。味方のはずが、ディフェンスになっちゃってるんですね。これは最悪。

特にビッグマンでもないのに、ゴール下に陣取られると味方は萎えます。オフェンスリバウンドの邪魔にもなってしまうので、本当に気をつけましょう。

 

また、味方が相手ディフェンスをドリブルで突破していこうとしているのに、そのライン上に立って邪魔する行為も気をつけるべきです。バスケ自体が初心者ですと、そのラインがどこかも分からないかもしれません。その場合は動画を見るなりして、ちょっと勉強しましょう。

 

パスしましょう

キャリアモードでも、ボールを持ち過ぎてるとチームメイト評価が減点されますよね?つまりチームメイトから嫌われる行為だという事です。当然パークでも、無駄にボールを持ち過ぎてると嫌われるのです。

 

だからパスの意識を常に持っている事が重要。まあ、だからと言って「ボール貰ったらすぐにパス」という行動ばかりだと、さすがに相手にも「こいつは即効でパス出すから、スティール狙ったろ」とバレバレですから、そこまでじゃなくていいです。

特にフリーでボールを持ってるのに、厳しくマークを受けてる味方にパスを出すのはNG。当たり前ですけど。

 

アウトサイド型で、ちゃんとジャンプシューター能力も上げているなら、あんまり自信がなくても、どフリーならシュートを狙いましょう。外しても仕方ないです。フリーでシュートを打たないのも、「そこは打つべきでしょ~」と味方に思われます。

外したって、上手い人がちゃんとリバウンド頑張ってくれます。たぶんね。

 

切り替えは早く

オフェンスとディフェンスの切り替えは、なるべく早く行いましょう。遅れるとゲームに着いていけず、空気になっちゃいます。

この切り替えが早ければ、鈍足センターでも速攻でダンクかませます。かましたら即戻る。大丈夫、キャリアモードみたいに、ゴール後に変なダンスは発動しないので、すぐ戻れます。(マジであのダンスなんなんだろ?)

 

バスケルールは覚えておくべき

バスケのルールはややこしいものが多数。

まず初心者が悩むのが3秒ルールでしょう。ペイント内に3秒いると反則取られるんですね。特にゴール下に陣取ってる初心者が注意すべきものです。

 

24秒にも注意ですね。これは常に画面に秒数が表示されてるのですが、余裕がなくて見落とすかも。オフェンスは24秒以内にシュートしなくてはいけないってルール。

無駄にダムダムとドリブルして、それで時間になって相手ボール。これは絶対NG。

 

相手の背中側からリバウンドに飛ぶと相手を倒しちゃって、これもファウル取られます。リバウンド取るなら、必ず相手よりインサイドに入る事が肝要。ボックスアウト頑張って。(このボックスアウトの時もL2です)

 

他にもあるけど、初心者がやっちゃうミスは上記が代表的でしょう。

 

まとめ

そんな訳で、とにかくディフェンスを頑張って、オフェンスでは味方の邪魔をしない様に配慮し、パスをちゃんと出してれば大丈夫です。

フリーになったらシュート。それ以外はパス。そんな感じですね。

 

スティールとかブロックは、あんまり意識しなくていいかも。最初の内は。隙だらけになりますから。

3ポイントを決めてくる相手からは、あまり距離を離さずディフェンスしましょうね。ちょっとでも離れてると、スパスパと3を決めてきて負けますから。

 

余裕出てきたら、スクリーンで味方をフリーにする事も意識してくといいですね。ただし慣れない間はスクリーンで役に立つつもりが、ファウル取られて相手ボールに・・・という悲惨な事になります。このゲームは慣性がついて、ピタっと止まってくれません。動きながらスクリーンしますとファウル取られるんです。だからスクリーンもオフラインで練習してから活用しましょう。

 

ちなみに、パークではフリースローがありません。なのでフリースローに自信がなくても問題ありません。さらに、ファウルしても相手ボールが継続するだけなので、完全に抜かれてしまったら、ファウルで止めるのも有りです。

まあ、ファウルばっかりだと時間かかって仕方ないので、私はオススメしませんけど。

21点取った方が勝ちですが、2点差以上つけないと終わりません。だから21vs20だと試合続行です。気を抜かない様に。